中古ドメインの購入をお考えのそこのあなた、中古ドメインにはレベルの良いものと悪いものがあるので注意が必要です。その見極めには多少の知識が要りますので、ここでお教えします。

中古ドメインを見極めるための知識を教えている男性

OCNで中古ドメインを利用してサイトを増やす

OCNはオプションで独自ドメインを利用したホームページを利用することが出来ます。これを利用して、中古ドメインを利用してサイトを増やすことでSEOを向上することが出来ます。
中古ドメインを利用するメリットは、検索エンジンがそのドメインが過去に利用されていた際の評価を引き継いでいることで、通常新たにドメインを取得して自分で被リンクを増やすなどのSEO対策を行わなくても一定の評価を得た状態でスタートできるので、サイトの内容を充実させておけば一定のSEO効果が期待できることです。新たなドメインを利用する場合には検索エンジンの評価を受けるまでに長い期間が掛かり、且つそれまでの間に多くのSEO対策を行わなければならないため労力がかかってしまうのですが、中古ドメインの場合にはその必要がありません。
検索エンジンのアルゴリズムは公にされていませんが、実際にはサイトに対してどれだけ多くの他のサイトからリンクが張られているかを評価していると考えられています。このリンク数が多いほど人気の高いサイトとして検索エンジンの上位に表示されるという仕組みです。そして、サイトの識別子としてドメインを利用しているとされています。もちろん、サイト自身の内容が充実していなければリンクは解消され検索エンジンの評価が低下するため、単に被リンクの多いドメインを利用すればよいというだけではないのですが、無数のサイトが存在するインターネットの現状では、検索エンジンの上位に表示されることがサイトを見てもらえる第一歩となるため、このSEO対策はサイトのアクセス数を増やす上では非常に重要で、かつまず最初に行わなければいけないものとなっています。
OCNは日本では最大級のプロバイダーであり、世界中からのインターネットリンクが多数集まっていることで知られています。さらにバックボーン帯域も太いため、非常にアクセス性の高いインターネットプロバイダーです。その為、OCNの独自ドメインサービスを利用して中古ドメインを割り当て、そのサイトから本来アクセス数を稼ぎたいサイトにリンクを付けることで効果的なSEO効果が期待できるようになります。その為、OCNの同時ドメインサービスを利用して中古ドメインのサイトを増やすことはSEO対策を効果的に行う上では一つの有効な手段となっています。但し、ドメインを利用する場合には検索サイトからペナルティを受けていないものを使用することも大切です。