中古ドメインの購入をお考えのそこのあなた、中古ドメインにはレベルの良いものと悪いものがあるので注意が必要です。その見極めには多少の知識が要りますので、ここでお教えします。

中古ドメインを見極めるための知識を教えている男性

中古ドメイン保有者の個人情報の公開を防止する方法

中古ドメイン保有者の個人情報の公開を防止する方法中古ドメインを取得した際には、そのドメインを登録しないと利用することが出来ません。ドメインを登録することで初めてインターネット上で利用可能となり、サイトの作成やサーバーへの割り当て等が可能となり、実際のアクセスが可能となります。しかし、ドメインを登録する際には注意が必要です。
一般的にドメインを登録する際には保有者の氏名とメールアドレスが必要になります」。その上、この氏名とメールアドレスは後悔さえてしまうため、ドメイン名を検索することで保有者の氏名とメールアドレスを知ることが出来るようになってしまうのです。
ドメイン名から保有者の氏名やメールアドレスを知ることをwhois検索と言いますが、whois検索を行うと連絡先を知られてしまうため、特に魅力的な中古ドメインを取得した場合には、嫌がらせに会ってしまうことも少なくありません。
whois検索の情報には氏名、メールアドレス、電話番号が登録されることになっており、これを検索されることでプライバシーは明確になってしまうほか、最悪の場合にはいたずら電話やスパムメールなどの標的にされてしまう危険も有ります。特に複数の魅力的な中古ドメインを登録している場合には、そのドメインに於ける検索サイトの評価を下げるためにスパムリンクやスパムメールなどの方法を使用して嫌がらせを受けてしまうことも多く、これに耐えかねてせっかく取得したドメインが使用出来なくなることも少なくありません。
このようなことを防止するために、ドメイン取得代行会社では保有者の情報を自社の情報にして登録するという方法を提供している所が増えています。これは使用する本人の情報ではなく、代行する企業の情報を登録時に提示することで、個人のプライバシーの公開や嫌がらせの防止ができるようになります。
又、この管理費用は通常、ドメイン登録代行業者が利用者に代わって支払うことになっていますが、インターネットではドメインを使用する際にサーバー名を登録するDNS登録を最低2台のネームサーバーで行うことになっており、このうちの一台を代行業者のネームサーバーを借りて登録することが一般的になっています。その際に代行業者は代行手数料を徴収しますが、この代行を行う場合にwhois登録の情報代行を無料としているところも多いのです。個人でドメイン登録をする場合には毎年ドメイン一件につき登録管理手数料がかかるため、この代行業者のサービスを上手に利用することでプライバシーを守ることが出来、且つ料金も節約できるメリットがある場合も多いので、十分検討する事が大切です。