中古ドメインの購入をお考えのそこのあなた、中古ドメインにはレベルの良いものと悪いものがあるので注意が必要です。その見極めには多少の知識が要りますので、ここでお教えします。

中古ドメインを見極めるための知識を教えている男性

中古ドメインと301リダイレクトの入力

現在利用しているサイトが検索エンジンに入力してもなかなか表示されない、上位に表示されないというような場合に他の中古ドメインに移行したいということがあります。ほかにも「.co.jp」で運用しているドメインを別のドメインに変えたいということもあります。
よく検索エンジンに入力してから表示されたサイトをクリックして「移転しました、数秒後にジャンプします」といった表示のあと自動的に切り替わることがあります。これらはドメインの引越しを行ったサイトということになります。
「.co.jp」といった会社のサイトからネットショップとして「.com」に変更をしてよりイメージアップをするというような理由で変更することもあり、覚えやすいドメイン名に変更したいということで、この場合利用しないドメインはどのようになるのかといえばそのまま放置すると中古ドメインとなってしまうのです。ここで問題となるのがこれまで運用していたドメインの情報を引越し先のドメインに引き継ぐことができないということです。
被リンクであったりページランクやドメインエイジなどせっかく確立して検索エンジンが認識してきた情報を引き継ぐことができないのです。検索エンジンで上位に表示されていたとしても引越しして新しいドメインのサイトは同じように上位に表示されることはありません。
そこで検索エンジンにドメインを引越ししたということを伝えて転送を行なうという方法が301リダイレクトというものなのです。
有名な検索エンジンも301リダイレクトを推奨していることもあります。その設定方法はいくつかありますが、ファイルを利用する方法としてエディタで入力を行い指定のファイル名で保存するという方法です。それを元あったドメインのルートディレクトリにFTPでアップロードするという方法です。
こうすることで古いドメインにアクセスをすると「移転しました、数秒後にジャンプします」といった表示のあと自動的に切り替わるようになるのです。
ただこの場合は古いドメインも更新しなければなりません。期限切れをさせてしまうと新しいドメインでの運用となりますが、これらも想定して中古ドメインを取得して新しいサイトを作ってそこに引越しをするほうがよいこともあります。中古ドメインは過去の情報を引き継ぐことになるので、被リンクであったりページランクやドメインエイジを引き継ぐために検索エンジンの上位に表示されるようになるのです。