中古ドメインの購入をお考えのそこのあなた、中古ドメインにはレベルの良いものと悪いものがあるので注意が必要です。その見極めには多少の知識が要りますので、ここでお教えします。

中古ドメインを見極めるための知識を教えている男性

中古ドメイン購入前に必要な知識はSEOのこと

中古ドメイン購入前に必要な知識はSEOのことせっかく頑張って作ったホームページも、誰もアクセスしてもらえないと作った価値がなくなります。
一人でも多くの人に自分のホームページにアクセスしてもらうには、魅力的なホームページにすることですが、どんなに魅力的なホームページにしても、有名人でもない限り最初はなかなかアクセスしてもらえません。
簡単にホームページのアクセス数をアップする方法として、SEO対策をおこなうことです。
SEO対策とは、自分のホームページを最適化するためにおこなういろんな対策のことで、SEO対策をすることでホームページの検索順位が上がり、アクセス数をどんどんアップすることができます。
SEO対策には無料でできるものと、有料なものがあります。
無料でおこなえるものは、無料のブログサービスを利用してサイトを作る方法です。
この方法なら、誰でも簡単にブログを始めれるので人気があります。
他には、ソーシャルブックマークを利用して、トラフィックを集める方法もあります。
有料のSEO対策としてが、リスティング広告などを利用し、トラフックを集めたり、SEO会社に依頼して、SEO対策をしてもらいます。
費用にみあう成果がでるのかわからないので、SEO会社に依頼する場合は、会社の情報などをしっかり確認することが大事です。
手軽にSEO対策する方法として人気なのは、中古ドメインを取得する方法です。
中古ドメインならば、被リンクが残っていることもあるので、新規のドメインを使用するよりも検索順位が上位に来る可能性が高いです。
ただし中古ドメインを使えば、検索順位が必ず上位にくるわけではないので、ドメイン選びには注意が必要です。
自分で中古ドメインを探すと、かなりの手間がかかります。
Googleのペナルティを受けているドメインのこともあるので、気をつけなければいけません。
中古ドメインは、1000円くらいのものから、10万円くらいのものまで幅広いですが、高いものならば効果が高いわけではありません。
失敗しないオールドドメインを探す方法ですが、できるだけ日本語で運営されているサイトを利用することが大事です。
英語や中国語のサイトだと言葉がわからないと、判断しにくく失敗する可能性もあります。
ただし英語や中国語が得意な人は、そういうサイトを利用してもいいでしょう。
政治家の公式サイトや国や行政機関のサイトも、意図的な被リンク対策をしてペナルティを受けている可能性が少ないのでおすすめです。


中古ドメインにある被リンクの数を調べる方法

中古ドメインにある被リンクの数を調べる方法中古ドメインの被リンクを調べる方法として一般的なのが、「hanasakigani」というツールです。

hansakiganiで中古ドメインの名前を入力することによって、そのドメインにいくつの被リンクがついているのか、どこのサイトから被リンクがついているのかを簡単に調べることができます。

しかし、hanasakiganiの被リンク表示数が絶対に正しいかと言われるうとそうではありません。
他の被リンク調査ツールにも同じことがいえますが、正確なリンク調査をするのは難しいことです。

もし、中古ドメインについている被リンクの調査を本格的にしたいと考えるならば、もっと本格的な有料ツールによる被リンク調査を行ったほうが良いでしょう。

月の利用料金が高く、敷居の高いものとなってきますが、有力な被リンク調査ツールとして有名なのが「ahrefs」という被リンク調査ツールです。

被リンク以外にも細かな流入キーワードなどが調べられますが、無料で使うことはできません。
もし、中古ドメインを使って被リンクの調査をした結果、大きな利益が得られると考えるならば、有料ツールを使ってでも被リンクの調査精度は高めたほうが良いでしょう。

もし、片手間でちょっと被リンクの数を調べたい程度であればhanasakiganiでも十分です。
また、ahrefsは1日3URLまでは無料で調査することもできるため、数に制限があるものの、少しの量だけならば中古ドメインを正確に調査することができます。

しかし、その調査結果の内容はすべて見れるものではなく、一部の情報は見れないようになっているため、やはり本格的に被リンク調査をしたいと考えるならばお金を出して調べていくしかありません。

また、中古のドメインを取得する際には被リンクの数ばかりに目が行きがちですが、そのリンクの質を見ることも大切です。
どのようなサイトからリンクが来ているのかを見極めなければ中古のドメインを使用するメリットがありません。

低品質なサイトからのリンクばかりで、ただリンクの数が多いだけの中古のドメインは下手をすると新規のドメインよりも目的のキーワードなどで上位表示をするのに時間がかかってしまうケースもあります。

中古のドメインを取得する際にはリンクの質がどうか、そして過去に運営されていたサイトの状態もしっかりと確認しておくことが重要になってきます。

ドメインには当たりハズレがあるため、数打てば当たるような楽観的な感覚で取り組んでいくのが良いでしょう。

中古ドメインについてはドメイン販売屋に直接聞こう

中古ドメインについてはドメイン販売屋に直接聞こう例えば、アフィリエイトやブログビジネスを行う場合、収益を上げるためには「より多くの人にサイトを見てもらう」と言うことが必要になります。アドセンスによって収益を得ようとする場合は特に重要なポイントで、広告をクリックされた数がそのまま報酬となるビジネスモデルであるので「PV数を増やす」と言うことが必須となります。

特にアドセンスの場合は広告1クリックに対して数円~数十円程度の報酬となっているため、PV数が少ないWEBサイトでは十分な収益が得られない可能性が高くなります。アフィリエイトの場合、1契約(成果)ごとに数千円の報酬が発生することも珍しくないので、PV数が少なくとも十分な報酬が得られる可能性もあります。と言っても、PV数が増えればそれだけ多くの報酬が得られる可能性が高くなる点は同じなので、いずれにしてもPV数を増やすことの意味は大きなものです。

そのPV数を増やす為には、「より多くの人にWEBサイトの存在を認知してもらうこと」が必要になります。すでにそのWEBサイトの存在を認知していて定期的に訪問してくれる「リピーター」の存在も大きいですが、検索エンジンから初めて訪問する人を如何に増やせるかが大きなポイントになります。

あらかじめWEBサイトの存在を認知していない状態の場合、自身のWEBサイトを訪問してもらうためには「検索エンジンで上位表示される状態にすること」が非常に効果的です。理想はトップページの最初に表示されるようになることですが、そこまでではなくとも3ページ目までには表示されるようにしなくては効果的な流入は見込めません。

検索エンジンで上位表示されるためには「クローラーによって価値のあるサイトであると判断してもらうこと」が必要になります。そして、その為に重要な意味を持つのが「被リンク」であり、それを効果的に獲得する手段の一つが「中古ドメイン」です。

中古ドメインとは、文字通り「すでに利用履歴のあるドメイン」のことを指します。新規で取得したドメインは、自身で認知を広めていかなければ誰にも認知されていないものですが、中古ドメインの場合は過去の履歴の中ですでに被リンクが存在している可能性が高くなります。

ただ、中古ドメインならば全てが効果的な価値を持っていると言う訳では無く、中には使用することで逆効果になってしまうものもあります。素人がそれを判断することは少々ハードルが高くなるので、分からない点を含めて販売業者に直接聞きながら決めると良いでしょう。